看護部のご案内

看護体制

看護体制

7対1看護

1日24時間を平均して、患者さん7人に対して看護師1名が勤務します。平均在院日数の短縮等の急性期入院医療の実態に対応して、手厚い看護職員の配置が必要となっています。

当院では、7対1の看護体制を取り、安全な医療の提供、看護の質の向上に努めています。

勤務体制

週38時間45分 4週8休

変則二交代制
日勤 8:30~17:15 実働時間 7時間45分
長日勤 8:30~20:00 実働時間10時間30分
夜勤 19:30~9:15 実働時間12時間45分
完全二交替制
日勤 8:30~17:15 実働時間 7時間45分
長日勤 7:00~19:00 実働時間11時間
夜勤 18:15~7:30 実働時間12時間15分

日本看護協会は、看護職の倫理綱領「看護者は、より質の高い看護を行うために、看護者自身の心身の健康保持増進に努める」(第12条)に基づき、「看護職の夜勤・交代勤務に関するガイドライン」を策定しています。

当院は夜勤・交代勤務の負担軽減を図り、看護職の心身の健康保持、ワーク・ライフ・バランスの推進に努めています。

看護方式

パートナーシップ・ナーシング・システム(熊本中央病院方式)

PNS熊本中央病院方式とは、看護師が安全で質の高い看護をともに提供することを目的に、2人の看護師がよきパートナーとして対等な立場で互いの特性を生かし、相互に捕完し協力し合って日々の看護ケアを実践し、その結果と責任を共有する看護方式です。

パートナーや同じグループの看護師とチームを組み、お互いのプライマリー患者やグループの患者を受け持ち、看護ケアなどを共に実践し行動します。PNSの中で個人をパートナーが、パートナーをグループをグループが、グループを他グループが捕完するという「捕完の四重構造」を形成して協力し合います。

補完の四重構造

補完の四重構造

継続受け持ち式看護

受け持ち患者のケア計画に関して、個々のプライマリー看護師が責任をもつと共に、可能な限りその実践を行う。プライマリー看護師の不在時は、パートナー看護師又はグループ内の看護師が受け持ち、継続した看護を提供する。

診療受付時間

診療受付時間(平日/午前中)

8:00〜11:00

外来休診日

土・日・祝日
年末年始(12月29日〜1月3日)

※救急・紹介の場合はこの限りではありません。

  • 外来担当医師表
  • 診療科のご案内
  • 交通アクセス

面会時間

平日

13:00〜20:00

休日

10:00〜20:00

看護部のご案内

地域医療連携室

認定施設

日本医療機能評価機構認定病院

熊本中央病院病院視標

  • 数字で見る熊本中央病院
  • 専門医等の指定状況
  • 国家公務員共済組合連合会
  • シミュレーション・ラボセンター

熊本中央病院ホーム病院のご案内一般利用者の皆さまへ診療科のご案内医療関係者の皆さまへ