看護部のご案内

先輩看護師からのメッセージ

西4階病棟 (循環器内科、腎臓内科、形成外科) 川島 昴平

西4階病棟
(循環器内科、腎臓内科、形成外科)

川島 昴平

私は、福岡県大牟田市の出身です。子供の成長を機に、妻の地元である熊本に引っ越しを決意しました。

熊本中央病院に就職を決めた理由は急性期病院であり、スキルアップができると思ったからです。中堅看護師として、思い描く理想の看護を提供できるように、これからも専門的知識、技術を磨いていきたいと思います。

また、当院では男性看護師が増えてきています。男性看護師は「力仕事」で重宝されることもありますが、私は男性ならではの気づき、感性、柔軟性が必要になってくると思います。それは必ず臨床の場で発揮できます。男性看護師の皆さん、ぜひ熊本中央病院で一緒に頑張りましょう。

西6階病棟(小児科) 津末 保代

西6階病棟(小児科)

津末 保代

私は看護師19年目で、これまで泌尿器科、皮膚科、循環器内科、形成外科などの病棟で勤務してきました。2人目の育児休暇から復帰後、小児病棟で勤務し3年目になります。小児病棟では一般小児科、腎疾患、内分泌疾患、外科系周術期のケアなど幅広い知識も必要なので、複数の科で学んできたことが役に立っています。新生児から思春期の患者さんへケアを行う中で、思春期の患者さんとの関わりで悩むこともありますが、子ども達がつらい処置や治療を乗り越えて笑顔で退院していく時に「喜び」や「やりがい」を感じます。

仕事と子育ての両立は大変な時もありますが、家族の協力や同僚の支えがあって充実した毎日を送っています。これからも家族との時間を大切にしながら看護師の仕事を続けていきたいと思っています。

中央手術室 福岡 慎也

中央手術室

福岡 慎也

私は、手術室で10年勤務しています。「手術室看護師の仕事は?」と聞くと医師にメスを渡す器械出しというイメージが強いかもしれませんが、私たちは手術が決定した患者さんに入院前や手術前日から関わっています。術前訪問では患者さんの状態を把握したり、手術当日の流れを説明することで、安心して手術を受けていただけるようにしています。

手術は患者さんにとって大きなライフイベントのひとつでもあり、多くの方が不安を抱いて手術に臨まれます。各診療科医師、麻酔科医、薬剤師、臨床工学技士、放射線技師、看護補助者など他職種と連携し、「手術を無事に終え、合併症を起こさない」という想いで業務にあたっています。長時間手術や難しい手術が無事に終了した時は、安堵感とともに達成感や充実感も得ることができます。

妻も看護師であるため、お互いが協力し合いながら子育ても頑張っています。休日は、息子の野球観戦や、娘と公園で遊んだりして、翌週からの仕事に向けてパワーをもらっています。

東6階病棟(整形外科、眼科、形成外科) 清藤 彩日

東6階病棟(整形外科、眼科、形成外科)

清藤 彩日

私は、整形外科、眼科、形成外科の混合病棟で5年間勤務しています。当病棟は手術を受ける患者さんが多く、患者さんに寄り添い、苦痛や不安が少しでも和らぐことができるように心がけています。疾患や症状が改善し、笑顔で退院される患者さんも多く、日々看護へのやりがいを感じています。

また、糖尿病や腎臓などの病を抱えた患者さんが多いため、幅広く学習することでアセスメント能力の向上に繋がっていると感じます。入職当初は、初めて経験する業務や看護技術に対し、不安や緊張が募っていましたが、新人指導者や先輩看護師に確認や振り返りを行ってもらうことで、少しずつ自身に繋げることが出来ました。現在は、新人指導者や学生指導者の役割も担い、患者に寄り添った「あたたかみのある看護」を理解してもらえるよう関わりたいと思います。一歩ずつ成長をしている新人看護師・看護学生の姿を見て、私もより良い看護を提供していきたいと思っています。

ページのトップへ

熊本中央病院ホーム病院のご案内一般利用者の皆さまへ診療科のご案内医療関係者の皆さまへ