看護部のご案内

先輩看護師からのメッセージ

男性でも働きやすい職場です

西5階病棟(呼吸器内科、呼吸器外科病棟) 森 眞悟

西5階病棟(呼吸器内科、呼吸器外科病棟)

森 眞悟

当院は急性期の病院ですが、手術後や症状の増悪などの急性期だけでなく、慢性期や終末期の患者さんとの関わりも多くあります。そのため数多くの症例や処置を見る機会があり、実践していくことで看護技術やアセスメント能力の向上にもつながります。重症度の高い患者さんも多く、自分の行う看護は患者さんの命に直結するものであるという責任も大きくありますが、その分学びや得るものも多く、看護師として非常に有意義な日々を送っています。

また、病院全体で男性看護師が少なく、始めはやっていけるだろうかという不安もありました。しかし、先輩方はもちろん先生方など病棟全体で気にかけていただき、男性でも働きやすい職場です。
 これからは人工呼吸器をつけている方の看護などさらに専門的な分野への学びも深めていきたいと考えていますが、先輩方の取り組みの姿勢や患者さんへの関わり方をお手本にし、より良い看護を提供できるように努めていきたいと思います。

「働くお母さん」への支援も
充実しています

東5病棟(泌尿器科、呼吸器内科) 野島 雅子

東5階病棟(泌尿器科、呼吸器内科)

野島 雅子

現在、泌尿器科と呼吸器内科の混合病棟に勤務しています。主にがん患者さんと関わりながら手術や化学療法、緩和ケアなど急性期から終末期までの看護に携わっており日々看護へのやりがいを感じています。患者さんから「ありがとう」と言ってもらえることが一番うれしいです。
 私には3人の子供がいます。仕事と子育ての両立は正直大変なこともありますが、何より仕事から帰ると子供からの「ママ、おかえり」の声で癒されますし、子供たちがいるから頑張ろうと思えます。

また、夫や両親の支えがあってこそ、と改めて家族の大切さを実感することで患者さんに真心を持って接することが出来ていると思います。
 病院の「働くお母さん」への支援も充実しており3年前より短時間勤務制度も導入され3番目の子供の時は利用しました。子供との時間も大切にでき復帰への不安も解消されました。これからも家族との時間を大切にしながら仕事との両立を続けていこうと思っています。

多職種と連携をとり
安心・安全な透析をモットーに頑張っています

透析室 酒井 悠華

透析室

酒井 悠華

私は人工透析室で勤務しています。急性期の病院では、様々な疾患を持つ透析患者さんが治療・手術目的で入院されます。治療・手術直後に透析を行う場合もあり、医師・臨床工学技士・病棟看護師とタイムリーに連携をとり、個々の患者状態に応じた透析が安全に行えるようチームで取り組んでいます。
 また、外来の維持透析患者さんに対しては、生活指導、合併症の予防や管理、そして最近ではフットケアや運動療法にも力を入れています。

透析看護は、一般病棟とは異なるスキルも求められるため、入職当初は不安もありましたが、看護師だけでなく医師や臨床工学技士など多職種の指導・サポートのもと透析機械の操作はもちろん、シャント穿刺や腹膜透析患者ケアなどもできるようになりました。今では、日々やりがいを感じながら患者さんに関わっています。
 まだまだ未熟な面もありますが、今後も安心・安全な透析をモットーに多職種と協働しながらよりよい看護が提供できるよう頑張っていきたいと思っています。

幅広い知識や専門技術の習得ができる
サポート体制があります

東7病棟 浦川 千穂

東7階病棟 (外科、乳腺・内分泌外科、
腫瘍内科、呼吸器内科)

浦川 千穂

私は現在、外科、乳腺・内分泌外科、腫瘍内科、呼吸器内科の混合病棟で勤務しています。当病棟は、手術や化学療法の治療を受ける患者さんがほとんどです。手術や化学療法を受けることは誰にとっても緊張と恐怖を伴います。その不安を和らげ、前向きに治療に臨めるよう、患者・家族を含めてサポートするよう心がけています。また、患者さんは高齢で糖尿病や心疾患など慢性疾患をもっている方が多く、合併症のリスクが高い状態で手術や治療に臨まれます。そのため、幅広い知識や専門技術を習得して実践することの重要性を感じながら、日々看護ケアに取り組んでいます。

新人看護師の頃は、不安と緊張の中で患者ケアを行なっていました。しかし、病棟には計画的な教育プログラムが整備されています。個人の状況に応じて細やかな指導・サポートを受けることができますので、安心して働けると思います。
 今年は、中堅看護師として新人看護師や学生の指導者の役割も担っています。分かりやすく的確に指導することは難しい反面、新人看護師ができる看護技術が増え患者さんとの関わりがうまくできている場面をみると、成長したことが実感でき喜びを感じます。新人看護師や学生の、「できるようになりたい」「学びを深めたい」という思いを実現するためのサポートができるように頑張っています。今後も、患者さんやスタッフに信頼される看護師になれるように、自己研鑽を積み重ねていこうと思っています。

診療受付時間

診療受付時間(平日/午前中)

8:00〜11:00

外来休診日

土・日・祝日
年末年始(12月29日〜1月3日)

※救急・紹介の場合はこの限りではありません。

  • 外来担当医師表
  • 診療科のご案内
  • 交通アクセス

面会時間

平日

13:00〜20:00

休日

10:00〜20:00

看護部のご案内

地域医療連携室

認定施設

日本医療機能評価機構認定病院

熊本中央病院病院視標

  • 数字で見る熊本中央病院
  • 専門医等の指定状況
  • 国家公務員共済組合連合会
  • シミュレーション・ラボセンター

熊本中央病院ホーム病院のご案内一般利用者の皆さまへ診療科のご案内医療関係者の皆さまへ