診療科のご案内

形成外科

  • 基本情報
  • スタッフ紹介
  • フットケア外来

外来担当医師表

 受付8:00〜11:00

塚本 歩 塚本 歩 伊方 敏勝
(フットケア)
熊本大学病院
※受付9時〜11時
塚本 歩 -

診療科のご紹介

2019年4月より形成外科常勤にて診療を行います。形成外科は頭から手足まで体表の先天異常(口唇口蓋裂、先天性眼瞼下垂、睫毛内反、耳介の変形、臍ヘルニア、手足の先天異常)、腫瘍(皮膚腫瘍、軟部腫瘍)、急性・慢性創傷(外傷、潰瘍、褥瘡)、変性疾患(眼瞼下垂症、瘢痕拘縮、陥入爪)に対して機能的、整容的再建を行います。下肢血管病・創傷ケアセンターでは下肢病変に対し集学的治療を行っています。下肢救済には原疾患の治療、血行再建、創傷ケア、手術を連携して行うことが重要であり、当院では関係者が一堂に会し、治療方針を決めています。そのなかで形成外科は創傷ケアや手術を担当します。下肢潰瘍は早期発見、早期治療が原則とされていますので自宅でのケアの方法から病院での専門的治療まで包括的なサポートを行います。同様に褥瘡に関しても褥瘡チーム、栄養サポートチーム(NST)と協力し、必要時には手術による根治と再発予防を行います。また、乳腺・内分泌外科と協力してインプラント、皮弁術を含めた乳房一次、二次再建を行います。乳房再建は根治性を保ちつつ、そのうえで患者さんと相談しながら整容性やQOLの向上を目指しています。

常勤体制となり、形成外科手術の充実をはかっていきますので何かお困りの症例がありましたらどうぞお気軽にご相談ください。

病院別インデックス

ページのトップへ

熊本中央病院ホーム病院のご案内一般利用者の皆さまへ診療科のご案内医療関係者の皆さまへ