診療科のご案内

形成外科

  • 基本情報
  • スタッフ紹介

外来担当医師表

塚本 歩 塚本 歩 塚本 歩
(再診のみ)
塚本 歩 -

診療科のご紹介

熊本中央病院形成外科では下記のような疾患を扱っています。

急性・慢性創傷

軟部組織外傷、潰瘍、褥瘡の治療を行います。下肢血管病・創傷ケアセンターで下肢病変に対して集学的治療を行っています。下肢救済には原疾患の治療、血行再建、創傷ケア、手術を連携して行うことが重要であり、当院では関係者が一堂に会し、治療方針を決めています。そのなかで形成外科は創傷ケアや手術を担当します。下肢潰瘍は早期発見、早期治療が原則とされていますので自宅でのケアの方法から病院での専門的治療まで包括的なサポートを行います。同様に褥瘡に関しても栄養科、リハビリテーション科と協力し、必要時には手術による根治と再発予防を行います。

変性疾患

眼瞼下垂症、瘢痕拘縮、陥入爪に対して機能的、整容的再建を行います。眼瞼下垂症は患者さんの状態に合わせて眉毛下皮膚切除、挙筋前転術、筋膜移植術があります。外来手術や入院手術を行っています。

腫瘍

皮膚良性/悪性腫瘍、軟部腫瘍の手術や皮弁術を行っています。

先天異常

頭から手足まで体表の先天異常、先天性眼瞼下垂、睫毛内反、耳介の変形、臍ヘルニア、多合趾症などの先天異常の治療を行います。血管奇形に関しては他病院と連携して積極的な治療の提案を行っています。

病院別インデックス

ページのトップへ

熊本中央病院ホーム病院のご案内一般利用者の皆さまへ診療科のご案内医療関係者の皆さまへ