診療科のご案内

透析アクセス科

  • 基本情報
  • スタッフ紹介
  • 診療科の実績
  • シャントPTA 当院の特徴

シャントPTA 当院の特徴

これまで血液透析に必要不可欠なバスキュラーアクセス(VA)不全に対する治療法として外科手術が中心でした。1990年代に入り、VA狭窄の治療法としてバルーンカテーテルによるPercutaneous transluminal angioplasty(PTA)が普及し、現在ではVascular access intervention therapy(VAIVT)と総称されています。VAIVTは外科手術と比較して低侵襲かつ同一病変の反復治療が可能で、作製時のVA機能と形態を維持できることが特徴で、VA狭窄・閉塞病変治療の第一選択と位置づけられ、当院含め多くの施設で行われています。当院での治療件数も年々増加傾向です。(図1)

シャントPTA治療件数の変遷

シャントPTA治療件数の変遷

図1

自己血管(Arteriovenous Fistula;AVF)や人工血管(Arteriovenous Graft;AVG)内シャント狭窄に対する待機的なシャントPTAの初期成功率は高く(図2)、当院ではその後も厳重なフォローアップを行い、必要に応じて再PTAを行う事で、シャント寿命の延長が得られています。その他の当院での試みを2つご紹介します。

(図2)シャントPTAの治療成績成功率(2015年1月~2016年12月)
AVF待機的PTA 100% (274/274)
AVG待機的PTA 100% (108/108)
AVF閉塞に対する血栓除去術 90.9% (10/11)
AVG閉塞に対する血栓除去術 85.7% (6/7)
合計 99.5% (398/400)

①造影剤使用低減の試み(図3:血管造影あり 図4:血管造影なし)


X線透視と血管エコーを上手く組み合わせることで、血管造影を行わずにシャントPTAを完遂することができます。ガイドワイヤー操作やバルーン位置、狭窄部位確認など最大限エコーを活用しています。エコーの利点として簡便・情報の多さ・低侵襲があります。また造影を行わない利点として、造影剤アレルギー患者へ施行可能、造影剤アレルギー対策(大量ステロイドなど)が不要なためその合併症を回避できる、新たな造影剤アレルギーが防止でき、今後のCTやPCIなど造影剤が必要な時に有利であることが挙げられます。図の如く、2016年下半期は約90%で血管造影は行っていません。(図5)

図3

図4

2018年 透析アクセス科手術件数(177件)

図5

②ほぼ全例が入院治療

当院ではシャントPTA翌日まで合併症(アレルギーや急性閉塞など)の出現の有無を観察し、また翌日当院で透析を施行して、脱返血を含めた透析状況を確認し、問題の無いことを確認した後に退院としています。

血液透析を円滑に継続していくうえでバスキュラーアクセスは非常に重要で、「透析患者の命綱、生命線」や「アキレス腱」と言われます。VAIVTの進歩は近年めざましいものがありますが、問題点として再狭窄率の高さがあり、これに対する治療戦略の確立、デバイスの導入や開発が今後の課題といえます。

透析アクセスにつきまして何かお困りのことがありましたら、何時でも気軽にご連絡下さい。

096-370-3111(代)萩尾、山内まで

ページのトップへ

熊本中央病院ホーム病院のご案内一般利用者の皆さまへ診療科のご案内医療関係者の皆さまへ