診療科のご案内

透析アクセス科

  • 基本情報
  • スタッフ紹介
  • 診療科の実績
  • シャントPTA 当院の特徴

外来担当医師表

(受付8:00~11:00)

山内 英治
(萩尾 康司)
山内 英治
(萩尾 康司)
山内 英治
(萩尾 康司)
山内 英治
(萩尾 康司)
山内 英治
(萩尾 康司)

※午後の診察をご希望の場合は、担当医に直接ご相談下さい。

  • ・外来診察は事前予約を基本としております。
  • ・診察をご希望の場合は、可能な限り事前に担当医までお電話でご連絡をお願いします。
     (手術担当:萩尾、PTA/エコー評価担当:山内)
  • ・特にシャント閉塞の場合、治療を急いだり当日の透析が必要な場合もありますので、お早めに
     ご連絡下さい。
  • ・初診時、当院以外でのシャントエコーやPTAの所見用紙などがある場合は持参をお願いします。
  • ※初診/再診含め、バスキュラーアクセス関係の患者さんの受診時には、必ず直近3回分の透析記録コピーの
     持参をお願いします。
  • ※急患は可能な限りいつでも対応しますので直接ご相談下さい。

診療科のご紹介

透析アクセス科は、腎臓科と密に連携して、院内だけでなく県内の透析施設の先生方からご紹介頂いた透析アクセス全般に対する治療を行っています。当院の特徴として、シャント作製やPTA治療は入院治療を原則としており、この間に脱返血を含めた透析状況を確認し、問題ないことを確認した後に退院としています。連携透析施設に安心してアクセスを使用して頂けるように心掛けています。また、臨床研修病院として、若手医師へ透析アクセスの知識を教育・指導しています。

具体的な診療内容をご紹介します。

血液透析に対するバスキュラーアクセス作製

ガイドラインに従い、自己血管内シャント術(AVF)を第一選択としています。一人一人の 患者さんの長期にわたる透析生活を熟慮し、作製計画を立てています。その他人工血管内 シャント術(AVG)、動脈表在化、長期留置型カテーテル挿入を主に行っています。

シャントトラブルに対する治療

シャント狭窄や閉塞に対するシャントPTAや外科治療(血栓除去や再建手術)、致命的となりかねないシャント感染、シャント瘤、スティール症候群、静脈高血圧など様々なシャントトラブルの治療を行います。シャントPTAでは血管造影剤使用低減を試み、非侵襲的なエコーを駆使し血管造影を行わない方法を多くの症例で行っています。

腹膜透析(PD)アクセスに対する治療

腹膜透析治療に関するカテーテル留置術や血液透析移行時のカテーテル抜去術、カテーテルや出口部感染に対する治療(抜去術、unloofing、出口部変更術)を行います。

今後さらに多くの患者さんに、迅速かつ丁寧に対応できるように一生懸命がんばってまいります。お悩みのことがありましたら何時でも気軽にご相談ください。

病院別インデックス

熊本中央病院ホーム病院のご案内一般利用者の皆さまへ診療科のご案内医療関係者の皆さまへ