診療科のご案内

循環器内科

  • 基本情報
  • スタッフ紹介
  • 診療科
  • 詳細を見る

心臓カテーテルと治療

現在は非侵襲的なCTやMRIでの検査も有用になりつつありますが、心臓カテーテル検査は心臓疾患の診断と治療の中核機能と位置づけられます。以前は大腿(そけい部)つけ根から穿刺し長時間安静が必要でしたが、現在は手首や肘からの穿刺で手技が可能となり検査後の苦痛軽減にも役立っています。


検査に関して、当院では1992年から最も小さいサイズ(4フレンチ=直径1.3mm)のカテーテルを使用し、2泊3日あるいは忙しい方は1泊2日入院で行っております。


治療はバルーン(風船)拡張、ステント(金属のメッシュ状の筒)、ロータブレーター(人工ダイヤモンドで血管内を削る)を症例に応じて使用しています。平成16(2004)年から本邦で薬物溶出性ステント(Drug Eluting Stent;DES)が保険認可され、2007年9月からはDESも2種類が使用可能となりカテーテル治療の“アキレス腱”であった再狭窄の減少が得られ、抗血小板剤の長期服用などの制限はあるものの当院でも良好な初期・遠隔期成績を得ています。また、当院で開発された特殊ポンプを用いてパルススプレー状に血栓溶解薬を投与するPulse Infusion Thrombolysis(PIT)は、急性心筋梗塞、冠動脈バイパス術後の静脈グラフト病変、深部静脈血栓症や、肺血栓塞栓症(いわゆるエコノミー症候群)などの血栓性の血管疾患に対して適宜使用し、他院では不可能とされる難治性血栓性病変への特殊治療において非常に良い結果を得ています。


今後もエビデンスに基づき患者さんのための検査、治療を目指したいと考えています。

心不全

心不全とは、多くの臨床症状を総称する症候群であって病名ではありません。


心筋症、高血圧、心筋梗塞、弁膜症などあらゆる心疾患の終末像ともいえます(心臓以外の原因で発症することもあります)。


現在わが国の心不全患者数は推定150〜200 万人で特に高齢の患者さんが増加しています。心不全の原因となった基礎心疾患にも左右されますが、基本的にお薬による内服療法が中心です。また、弁膜症など弁の修復、置換で治療出来る症例は心臓血管外科で開胸手術をして頂きます。心臓移植も外科的な選択の一つですが日本では症例があまり増えていません。そのような中で、重症で難治性の心不全に対しては両室ペースメーカーCRTが平成16年から保険認可され、当院でも植え込み術を行っております。ペースメーカーの古典的な考え方は、脈の遅いこと(徐脈)に対しペースメーカーという機械を体内に挿入し脈を補助するという考えですが、この両室ペースメーカーは全く概念が異なり、一言でいえば、まとまりのない低下した心臓を強制的にペーシングし(電気的に刺激する)、同期させてバランスよく収縮させるという考えです。さらに、心不全では致死的不整脈による突然死のリスクがありますので、植え込み型除細動器ICDの機能を併せもった両室ペースメーカー(CRT-D,両室ペーシング機能付き植え込み型除細動器)が平成18年に保険認可され、心不全の予後を改善することが期待されています。(当院は、CRT、CRT-D、ICD植え込み術の施設基準認定を受けています)。

末梢動脈と静脈疾患

心臓の血管が詰まると心筋梗塞、頭の血管が詰まると脳梗塞になることは御存知かと思いますが、下肢の動脈が狭くなったり閉塞したりして、歩行時に“ふくらはぎ”が痛くなることがあります(間歇性跛行)。閉塞性動脈硬化症ASOといって最悪な場合、下肢切断を余儀なくされることがあります。このASOに対しても冠動脈疾患と同じように積極的にカテーテルによる風船拡張、ステント植え込み術を行い良好な結果を得ています。


また、深部静脈血栓症や肺血栓塞栓症などのいわゆるエコノミークラス症候群に対しても、パルススプレー状に血栓溶解剤を投与することにより、少ない血栓溶解剤と短い時間で血栓を溶解が可能となりました。さらに、縮小、吸引することによって血流回復をはかり、下肢の腫れや息苦しさの改善を得ています。


さらに、薬物抵抗性の高血圧症例の中に、腎動脈狭窄による腎血管性高血圧症が含まれるときがありますが、当院では腎動脈の拡張、ステント留置により血圧の安定をはかる専門的なカテーテル治療も行っております。

  • 図1:下肢MRI、右下肢の大腿動脈が閉塞していますが、カテーテル治療でステント挿入し歩行時のふくらはぎの痛みは消失しました。
  • 図2:深部静脈血栓症の症例、カテーテル治療前後での所見です。上図は腫張した下肢で、下図は治療後です。

心電図解析

判断に困るような症例の心電図を送信していただければ、担当医が解読して返事いたします。

まずは、循環器内科病棟医もしくは野田にお電話頂きFAXをお送り下さい。
(熊本中央病院代表電話:096-370-3111)

心臓病カンファレンスだより

ページのトップへ

熊本中央病院ホーム病院のご案内一般利用者の皆さまへ診療科のご案内医療関係者の皆さまへ