診療科のご案内

下肢血管病・創傷ケアセンター

診療科のご紹介

当院の下肢血管病・創傷ケアセンターが設立されて数年が経過しました、当初われわれが考えていたとおり、いえそれ以上に患者さんの病状は多彩で、病態は複雑なものとなってきています。

高齢者・独居・フレイルやサルコペニア・認知症などとともに、やはりメインの糖尿病や透析患者さんでの重症の下肢虚血・創治癒遅延の患者さんが多く、毎週水曜日に他職種のメンバーで治療方針を検討しています。

ご紹介いただく患者さんは下肢の切断を回避すべく治療に臨むのですが、病態次第では切断が免れない患者さんもいらっしゃいます。その場合でも、なるべく指レベルでの切断あるいは創処置で済むような方法を循環器、形成外科、腎臓科、内分泌代謝科、栄養科、理学療法科、ICTなどで頭を突き合わせて議論し、下肢切断など手術が必要な場合は熊本大学医学部付属病院に依頼しております。

お困りの患者さんがいらっしゃいましたらどうぞご相談ください。

重症下肢虚血:創あり:の患者さんEVT

熊本中央病院ホーム病院のご案内一般利用者の皆さまへ診療科のご案内医療関係者の皆さまへ