診療科のご案内

医療安全管理室

医療安全管理室の特徴

当院理念である「質の高い誠実な医療」を提供するためには、医療従事者が患者安全の重要性を認識して行動できることが重要であると考えます。

医療安全管理室は病院内の様々な問題の把握に努めており、患者さんを第一に考えて対応します。医療安全管理室の構成メンバーは、専任医師1名、専従の医療安全管理責任者(GRM)と副GRM(薬剤師・看護師)、医薬品安全管理責任者、医療機器安全管理責任者、各部門担当責任者で構成されています。また、各部門では医療安全推進リーダー(リスクマネージャー)が中心となり安全活動を行います。

これらの活動は、医療安全管理カンファレンス(毎週水曜日)と医療安全管理室・医療安全管理委員会の合同会議(毎月)で報告・評価します。

当院では、「安全で安心な医療提供や療養環境づくり」に向け、患者氏名と生年月日の確認、お薬手帳の持参(アレルギー情報などの確認)、療養上で重要な情報提供(転倒の既往、認知症の有無、摂食・嚥下状態など)をお願いしています。

業務内容

  1. 医療安全に関する現状把握と評価、改善
  2. 医療安全管理マニュアルの作成及び点検、改訂
  3. 事例の収集、分析、改善策の提案・推進とその評価
  4. 医療安全に関する職員への教育研修会の企画、運営
  5. 医療事故発生時の対応
  6. 医療安全に関する作業部会の設置と活動
  7. 医療安全に関する疑問や相談への対応
  8. 医療安全対策地域連携
ページのトップへ

熊本中央病院ホーム病院のご案内一般利用者の皆さまへ診療科のご案内医療関係者の皆さまへ