診療科のご案内

外来化学療法室

外来化学療法室の特徴

「がん」にかかる人は日本人の2人に1人とまで言われていますが、これに伴い、「がん」の治療を受ける方も増えてきています。最新の医療では、手術のみで治療することよりも、放射線治療、薬物治療、緩和ケアなど色々な方法によって総合的に治療していくことが増えています。抗がん剤治療をはじめとした薬物療法は、生活や仕事と治療を両立するため、外来で実施することが増えてきました。手術以上に身体への影響のある薬物治療を安全に、効果的に、そして、苦痛や負担を緩和しながら実施するため、当院では外来化学療法室での治療体制をとっております。外来化学療法室は2階外来の一番奥にあり、他の病気の患者さんとは区別された治療室内で、ベッドやリクライニングチェアで治療が受けられるようになっています。

専任医師1名、専任看護師3名(1名はがん化学療法看護認定看護師)、専任薬剤師2名(1名は外来がん治療認定薬剤師)が担当し、副作用はもちろん、不安や体調に配慮し、一緒にご相談しながら治療が受けられる体制をとっております。

主に、肺癌などの呼吸器がん、大腸癌、胃癌、膵癌などの消化器がん、前立腺癌や腎癌などの泌尿器がん、そして乳がんなど、多くの種類のがんに対応しております。今後もよりよい治療が受けられる体制でサポートしていきます。

ページのトップへ

熊本中央病院ホーム病院のご案内一般利用者の皆さまへ診療科のご案内医療関係者の皆さまへ