一般利用者の皆さまへ

膀胱尿管逆流小児泌尿器疾患

ぼうこうにょうかんぎゃくりゅう

50音
は行
対象部位
下腹部
検索用キーワード
膀胱、尿管、逆流

疾患概要

膀胱内の尿が膀胱充満時または排尿時に尿管および腎盂(じんう)内に逆流する現象です。現在では胎児期や新生児期に行われる超音波検査での水腎症(腎臓の腫れ)の存在が診断の契機になる症例もあります。症状は尿路感染症(腎盂腎炎)による発熱、腰腹部痛がありますが、新生児や乳児では機嫌が悪かったり、食欲不振、嘔吐などの症状を起こすこともあるので、他の病気との鑑別が問題となります。繰り返す腎盂腎炎などを長期間放置し進行すると逆流性腎症となり腎機能が低下することもあります。診断には排尿時膀胱造影を行います。治療は自然治癒の可能性もありますので、逆流の程度や経過をみながら自然治癒しない症例では膀胱尿管逆流防止術として膀胱尿管新吻合術や内視鏡的に逆流防止物質を注入する方法などがあります。

この疾患に対応する診療科

疾患名・キーワード

50音で探す

対象部位から探す

診療受付時間

診療受付時間(平日/午前中)

8:00〜11:00

外来休診日

土・日・祝日
年末年始(12月29日〜1月3日)

※救急・紹介の場合はこの限りではありません。

  • 外来担当医師表
  • 診療科のご案内
  • 交通アクセス

面会時間

平日

13:00〜20:00

休日

10:00〜20:00

TAVI

初期臨床研修医

がん診療

看護部のご案内

地域医療連携室

認定施設

日本医療機能評価機構認定病院

熊本中央病院病院指標

  • 数字で見る熊本中央病院
  • 専門医等の指定状況
  • 臨床研究について
  • NCD(National Clinical Database)参加について
  • 国家公務員共済組合連合会
  • シミュレーション・ラボセンター
ページのトップへ

熊本中央病院ホーム病院のご案内一般利用者の皆さまへ診療科のご案内医療関係者の皆さまへ