一般利用者の皆さまへ

気管支喘息

きかんしぜんそく

50音
か行
対象部位
胸部
検索用キーワード
気管支、喘息

疾患概要

気管支喘息は、「発作性の喘鳴、呼吸困難があり、自然にまたは治療により改善する」病気です。原因はアレルギー性の炎症で、ハウスダストアレルギーなどが多くみられますが、原因がはっきりしない患者さんもたくさんあります。

症状

夜間や明け方に強い、咳や、ぜいぜいという呼吸の音(喘鳴)を伴う呼吸困難があり、自然にまたは治療により改善するのが特徴です。自覚症状として咳が目立つタイプの患者さんや、慢性化して動いたときに息切れを生じる患者さんもみられます。

検査

肺機能検査で閉塞性肺機能障害(息がはきにくい状態)があり、薬剤によって改善すれば喘息と診断されます。自覚症状が無くても肺機能で異常が発見されることもあります。慢性閉塞性肺疾患や心臓疾患など似たような症状がみられる病気を鑑別する必要があり、レントゲン検査なども行ないます。アレルギーの原因を探るために採血を行なうことがあります。

治療

発作の時は気管支拡張薬による症状改善をまず行います。発作が治まったら、発作や症状を起こさないように定期的に予防的な治療を行ないます。アレルギーの原因が分かっている場合には、予防のために生活環境や生活習慣の見直しも役立つことがあります。予防治療の薬剤で中心的に使われるのはステロイドホルモンですが、内服や注射薬では長期に使用すると副作用が心配されますので、全身的な副作用がほとんどみられない吸入のステロイドが主に使用されています。吸入薬は吸入が上手にできるか否かで大きく効果が異なりますので、医師や看護師、薬剤師から説明を聞き十分に使用法を習得することが大事です。吸入薬で十分予防ができない場合や吸入ができない場合は、内服の予防薬も使用します。重症の患者さんにはアレルギー反応を抑える注射などの治療も開発されて使用が始まっています。

この疾患に対応する診療科

疾患名・キーワード

50音で探す

対象部位から探す

診療受付時間

診療受付時間(平日/午前中)

8:00〜11:00

外来休診日

土・日・祝日
年末年始(12月29日〜1月3日)

※救急・紹介の場合はこの限りではありません。

  • 外来担当医師表
  • 診療科のご案内
  • 交通アクセス

面会時間

平日

13:00〜20:00

休日

10:00〜20:00

TAVI

初期臨床研修医

看護部のご案内

地域医療連携室

認定施設

日本医療機能評価機構認定病院

熊本中央病院病院指標

  • 数字で見る熊本中央病院
  • 専門医等の指定状況
  • 臨床研究について
  • NCD(National Clinical Database)参加について
  • 国家公務員共済組合連合会
  • シミュレーション・ラボセンター
ページのトップへ

熊本中央病院ホーム病院のご案内一般利用者の皆さまへ診療科のご案内医療関係者の皆さまへ