一般利用者の皆さまへ

防寒下着とMRI検査

皆様、健康管理・寒さ対策として防寒下着を着用される機会も増えてくるのではないでしょうか。防寒下着とはユニクロのヒートテックに代表されるような吸着発熱素材が使用された下着のことで各メーカーから多種多様な商品が発売されています。吸着発熱素材は高い保湿性を持つアクリルや高い吸水性をもつレーヨンなどが織り込まれ、肌から放散される水蒸気を吸水します。水蒸気が衣服に吸着する際に吸着熱が発生し、その熱をアクリルが閉じ込める役割を持っています。吸着熱自体で直接的にやけどが起こるほどの温度上昇は起きません。

そこでMRI検査との相性が問題となります。MRI検査では電波と磁場により人体の水成分(プロトン)を画像化します。人体に照射される電波により温度上昇が起こります。実際に検査を受けた方のなかにはMRI検査で温かくなったり、汗をかいたりされた経験のある方も少なくないでしょう。防寒下着は、これを放散させることなく衣服に吸水します。通常の衣服より湿りますので磁場の中の電波によって誘導電流が流れやすく、やけどが起こりやすくなるのです。

MRI検査を受けたのにやけどをしてしまった、という事の無いように当院では防寒下着を着用されている方には脱衣をお願いしています。非常に優れた機能を備えた下着なのですが、上記の理由からMRI検査との相性は良くないようです。その他にも、MRI検査時には注意が必要な事項があります。体内金属やカラーコンタクトなど、詳しくは主治医か診療放射線技師にお尋ねください。安全で最良の検査を心がけています。

熊本中央病院ホーム病院のご案内一般利用者の皆さまへ診療科のご案内医療関係者の皆さまへ