一般利用者の皆さまへ

臨床研究について

当院では、安全かつ効果的な医療を目指すために、良い治療法の開発と医学的なデータ収集を目的とした「臨床研究」や、新しく開発された薬の有効性や安全性を調べることを目的とした「治験」を実施しており、当院で診療を受ける患者さまにつきましては、この「臨床研究」や「治験」について、参加をお願いする場合がございます。

当院で実施している臨床研究や治験は、国のガイドラインを遵守し、外部の有識者を交えた審査委員会にて十分な審査を行った上で実施しております。

通常、臨床研究等は文書もしくは口頭で説明を行い、患者さまからの同意(インフォームド・コンセント)を得て行われます。これを「オプトイン」といいます。

臨床研究のうち、患者さまへの侵襲や介入もなく診療情報等の情報のみを用いた研究等については、国が定めた倫理指針に基づき「対象となる患者さまのお一人ずつから直接同意を得る必要はありません」が、研究の目的を含めて、研究の実施についての情報を公開し、さらに拒否の機会を保障することが必要とされております。このような手法を「オプトアウト」といいます。

当院で行っているオプトアウトの対象となる臨床研究は以下のとおりです。以下の臨床研究に関しては、個人情報を匿名化した上で学会、研究会等への利用を行わせていただいております。研究のためにご自身のデータが使用されることを望まれない方は各研究の担当者までお知らせください。

情報の使用についてご了承いただけない場合でも、以後の診療において何ら不利益が生じることはありません。

■オプトアウトの対象となる研究一覧

承認年度 診療科・部門等名 研究課題名
2014 副院長 大嶋秀一
循環器内科部長 野田勝生
レセプトおよびDPCデータを用いた心疾患における医療の質に関する研究
2018 泌尿器科医長
濱田 真輔
ホルモン感受性転移性前立腺癌の治療実態に関する前向き観察研究
2019 消化器内科部長
松下 郁雄
消化器内視鏡に関連する疾患、治療手技データベース作成
2019 消化器内科
齊藤 宏和
総胆管結石および胆石の存在診断におけるdual-layer spectral detector CTの有用性についての後ろ向き検討
2019 呼吸器内科
田代 貴大
肺胞マクロファージ免疫に着目した肺炎球菌の病原性の解明
2019 呼吸器内科部長
平田 奈穂美
既存の間質性肺疾患に併発したニューモシスチス肺炎の予後に関する多施設共同後方視的研究
2019 消化器内科
齊藤 宏和
X線陰性の胆石、総胆管結石の存在診断におけるspectral CTのSBIファイルの有用性についての後ろ向き検討
2019 緩和ケア認定看護師
濵田 由香
肺がん患者に「生活のしやすさに関する質問票」を用いた苦痛のスクリーニング導入後の実態とケアプロセスの課題
2019 麻酔科部長
前川 謙悟
胸部大血管手術後の神経学的合併症発生に関連する因子の後ろ向き調査
2019 心臓血管外科部長
柳 茂樹
弓部大動脈疾患に対する外科的治療手技別成績に関する多施設共同研究
2019 診療放射線技師
本田 恵一
ヨード密度画像の定量値に影響を与える因子の検討後ろ向き研究
2019 診療放射線技師
川田 賢治
造影剤の血管内投与静脈路の抜針及び止血に関わる体制作りに関する報告
2019 診療放射線技師
中山 賢治
GE社製 核医学SPECT-CT装置 NMCT680における匿名加工情報のDICOM画像データの提供について
2019 診療放射線技師
野田 一将
高分解能DWIにおけるMulti band EPIの有用性の検討
ページのトップへ

熊本中央病院ホーム病院のご案内一般利用者の皆さまへ診療科のご案内医療関係者の皆さまへ