病院のご案内

医療事務(医療秘書)募集要項

医療事務(医療秘書)を募集します。

試験 及び 募集内容

1. 募集人数

医療事務(医療秘書) 若干名

2. 業務内容

電子カルテの代行入力や診断書作成等の医師の事務作業補助

3. 応募資格

  1. 高卒以上
    ※次のいずれかに該当する方優遇
  2. ・短大卒以上で医師事務作業補助経験者
  3. ・診療情報管理士
  4. ・医療関連の国家資格を有する方

4. 応募書類

履歴書(写真貼付)

5. 提出先

〒862-0965

熊本市南区田井島一丁目5番1号

国家公務員共済組合連合会 熊本中央病院 庶務課宛

簡易書留にて郵送して下さい。

6. 選考方法

  1. 書類選考
  2. 面接試験(①合格者のみ:面接日時等は別途ご連絡します)

待遇

1. 賃金

A)月額 160,000~188,000円(年1回昇給あり)

B)月額 180,000~208,000円(年1回昇給あり)

※ AまたはBより選択

2. 賞与

A)年間 4.8月(前年度実績)

B)年間 2.0月

※ 賃金タイプに準ずる

3. 各種手当

通勤手当・住居手当・時間外手当・日直手当(7,940円/回)

4. 退職金

なし

5. 契約期間

1年更新制

6. 試用期間

2か月

7. 就業時間

8:30〜17:15

8. 休憩時間

60分

9. 休日

土・日・祝日・年末年始(12/29〜1/3)

※ローテーションで1.5 ヶ月に1回程度の日直があります

10. 時間外労働

場合によってはあり

11. 各種保険関係

協会けんぽ、厚生年金保険、雇用保険、労災保険

12. その他

企業主導型保育園との提携あり

先輩医療秘書からのメッセージ

同じ部署だけでなく医師や看護師にも直接相談できるような職場です

私は福岡医療秘書福祉専門学校の診療情報管理士科にて診療情報管理士や医療秘書などの資格を取得し、それらを活かした仕事に就きたいと思い、当院に入職しました。

入職して今年で5年目になり、現在では外科の外来陪席やNCD症例登録、がん登録のデータ管理、クリティカルパス作成などの業務を担当しています。

入職当初は右も左も分からない状態でしたが、専門学校時代に基礎医学を学んでいたおかげで、カルテ内や現場で飛び交う専門用語を理解することができたときは嬉しかったです。疑問点や不明点などがあれば、同じ部署だけでなく医師や看護師にも直接相談できるような職場です。また、入職後に【がん登録実務者】の資格を取得しましたが、上司や先輩方のサポートはとても大きく、当院はスキルアップできる環境や体制も整っています。今後もより一層知識を深め、幅広い支援ができるよう努めていきます。

先輩方にかわって後輩のサポートを行いつつ、日々の業務に取り組んでいます

私は熊本YMCA学院にて診療情報管理士の資格取得に向けた勉強を3年間行い、当時の担任の先生の勧めもあって当院に入職しました。

入職4年目となる現在では、循環器内科と心臓血管外科の外来陪席や病棟業務、診断書作成業務などを行っています。

入職したばかりの頃は、専門学校で学んだ医療知識を実際の医療現場ではなかなか役立てることができませんでしたが、先輩方に優しく丁寧に教えていただきました。現在では先輩方にかわって後輩のサポートを行いつつ、日々の業務に取り組んでいます。

自分の知識をより深めながら業務を行っています

私は熊本YMCA学院で医療事務や医師事務作業補助者、診療情報管理士等の資格を取得後、今年の4月に入職しました。

現在は外来での陪席業務や病棟業務、診断書作成業務などを行っています。医学的な知識を先輩方から教わり、分からないことは自分で調べるなどして、自分の知識をより深めながら業務に取り組んでいます。

私は当院に入職し医療秘書として働き始めて、学生時代に学んだことを活かしつつ、更なるスキルアップにも繋がっていることを実感しています。これからも自分の知識を増やし、病院や患者さんに貢献したいと思っています。

自分に何ができるかを常に考えながら「仕事」をする人材を求めています

長年OLとして一般企業で働いていましたが、縁あって当院の最初の医師事務作業補助者として入職し、今年で12年目になります。

医療関係の資格もなく、病院で働くこと自体が初めてでしたので、最初は医療用語や解剖学的なことが分からず、毎日帰ってから自己学習を続けていました。現在は教育担当者や先輩秘書が懇切丁寧にサポートする教育体制が整っており、医療秘書にとって働きやすい環境になったと思います。

当院は外来や病棟支援の担当分けを行っていますが、保険会社用診断書などの書類作成は全員が全診療科の担当をするため、当院で行う診療の全領域に渡って学ぶことができます。医師や看護師、各種医療従事者など様々な職種が働く病院の中で潤滑油的存在になるべく、ただ単に目の前の業務をこなす「作業」をするのではなく、先の展開や周りの状況を考え、自分に何ができるかを常に考えながら「仕事」をする人材を求めています。当院ひいては地域医療に貢献しながら自分自身も成長することができるような医療秘書部門を目指していますので、熱意ある皆さんからのご応募をお待ちしています。

医療秘書の活動風景

診療サポート室

活動の拠点となる診療サポート室では、朝礼などを通して様々な情報の共有を図っています。
また、同じチームのメンバーとは配席が近く、質問や相談がしやすい環境です。

外来陪席

外来陪席では電子カルテへの代行入力などを行い、医師のサポートをしています。
代行入力には正確性とスピードの両方が求められ、疾患に関する専門的な知識も必要となります。

病棟支援

日々のサマリ作成代行や各種の代行入力、退院に伴う書類作成など、現場のニーズに合わせて医師のサポートをしています。

データ管理

専門の研修を受けた職員によるがん登録や各種データベースの入力を行っています。
クリティカルパスの管理も担っており、診療科の要望に応じてメンテナンスを行います。

診断書作成

保険会社用診断書や指定難病の更新申請書類など、電子カルテの内容を基にして作成します。
作成後はベテラン秘書によるWチェックを行い、医師へ最終確認を依頼します。

教育体制

先輩秘書がサポートし、お互いがカバーできる体制を作ることにより、自ら考え、行動できる医療秘書を育成します。
専門的な知識の習得と同時に現場での研修を行い、実践することで知識の定着を図ります。

チーム医療の一員として

医師の事務的作業の補助を通して、質の高い医療の提供に貢献することが医療秘書の役割です。
私たちと一緒に、チーム医療の一員として働いてみませんか?

その他 問い合わせ先

国家公務員共済組合連合会 熊本中央病院(庶務課)

〒862-0965 熊本市南区田井島一丁目5番1号

096-370-3111096-370-4002

診療受付時間

診療受付時間(平日/午前中)

8:00〜11:00

外来休診日

土・日・祝日
年末年始(12月29日〜1月3日)

※救急・紹介の場合はこの限りではありません。

  • 外来担当医師表
  • 診療科のご案内
  • 交通アクセス

面会時間

平日

13:00〜20:00

休日

10:00〜20:00

TAVI

初期臨床研修医

がん診療

看護部のご案内

地域医療連携室

認定施設

日本医療機能評価機構認定病院

熊本中央病院病院指標

  • 数字で見る熊本中央病院
  • 専門医等の指定状況
  • 臨床研究について
  • NCD(National Clinical Database)参加について
  • 国家公務員共済組合連合会
  • シミュレーション・ラボセンター
ページのトップへ

熊本中央病院ホーム病院のご案内一般利用者の皆さまへ診療科のご案内医療関係者の皆さまへ