病院のご案内

平成29年度 熊本中央病院 病院指標

医療法における病院等の広告規制について(厚生労働省)

病院指標とは

 病院の様々な機能や診療の状況などを具体的に数値化し示したものです。病院指標を評価、分析することによって医療の質の向上を図っていきます。

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

年齢階級別退院患者数

年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 718 187 76 120 269 668 1,837 2,680 2,054 337
 当院は、地域医療支援病院としての役割を果たすために、地域の診療所や病院と相互に協力・連携し専門的な検査、高度な手術・治療を提供しています。
 特に、前立腺がんや肺がんなどの悪性腫瘍の治療件数が多く、高齢化に伴う心疾患や透析・糖尿病を併せ持った血管疾患の患者にも数多く対応しているため、約8割が60歳以上となっています。当院は熊本県指定がん診療連携拠点病院に指定されており、集学的治療(手術、放射線治療および化学療法)並びに緩和ケアによる総合的な診療体制を有しています。比較的若い世代では、喘息、気胸、大腸疾患、慢性腎炎などの疾患が多くなっています。
 その一方で、9歳以下の患者割合が多い理由として、当院は小児専門病棟を有し、熊本市内だけでなく近郊の小児患者に対する肺炎などの急性疾患から腎臓/泌尿器/内分泌疾患などの慢性疾患まで幅広く取り組んでいることが挙げられます。

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

呼吸器科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数(自院)
平均
在院日数(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍 胸腔鏡下手術等 154 10.59 12.35 16.23 69.84 呼吸器科1
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 132 15.37 19.65 24.24 74.72
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 化学療法 96 14.56 11.99 0.00 68.81
0400801499x001他 市中肺炎 75歳以上 ADROPスコア1~4 90 12.76 13.51 27.78 83.63 呼吸器科2
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 検査入院(気管支ファイバー) 59 7.68 3.59 0.00 76.95
 呼吸器科には、呼吸器内科と呼吸器外科があり、密接な連携のもと診断・治療を行っています。呼吸器科全体では腫瘍性疾患(主に肺がん)が半数以上を占めており、診断や治療を腫瘍内科と一体で行っています。次に、間質性肺炎や肺気腫や喘息などの閉塞性疾患、肺炎・気管支炎等の感染性疾患等の症例が多く入院されています。当院では集中治療を要する重症呼吸不全に対して、ハイフローシステムや非侵襲的人工呼吸、体外式陰圧人工呼吸器など高度の呼吸管理を行うことが可能な体制を整えています。

消化器科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数(自院)
平均
在院日数(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060340xx03x00x 胆管結石・胆管炎 内視鏡的手術 66 8.29 10.61 4.55 74.92 消化器科1
060020xx04x0xx 胃の悪性腫瘍 内視鏡的手術 34 6.26 8.73 0.00 71.56 消化器科2
060340xx99x00x 胆管結石・胆管炎 手術なし 27 8.56 9.85 11.11 77.07
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 20 5.65 5.50 0.00 60.85 消化器科3
060102xx02xxxx 大腸憩室炎 止血術等 18 7.00 10.36 0.00 80.33
 胆管結石・胆管炎や早期胃がんに対する内視鏡的手術の症例が多く、外科・放射線科などの他科と協力し消化器疾患全般の治療を行っています。
胆・膵疾患は緊急治療となることが多く、24時間体制で内視鏡を用いた胆石除去術やステント留置術を行っています。また、胃・腸の早期のがんに対しては内視鏡を用いた粘膜切除術や粘膜下層剥離術など体に負担の少ない治療を積極的に行っています。
 なお、消化器科で1番多い症例は、大腸ポリープの切除入院となりますが、こちらは平成29年度まで短期滞在手術料等基本料3で算定されていたため、表からは除外しています。

循環器科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数(自院)
平均
在院日数(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050130xx99000x 心不全 143 15.68 17.71 33.57 80.05 循環器科1
050050xx99100x 狭心症 検査入院(心臓カテーテル) 130 4.22 3.03 1.54 69.49 循環器科2
050050xx02000x 狭心症 カテーテル手術(PCI等) 121 7.50 4.62 1.65 71.29 循環器科3
050050xx02030x 狭心症 カテーテル手術(PCI等) SPECTあり 106 11.46 10.41 0.00 72.94 循環器科3
050210xx97000x 徐脈性不整脈 ペースメーカー移植術等 75 10.65 11.21 10.67 80.33 循環器科4
 循環器科では、心不全の原因精査や内服・点滴による治療が最も多くなっています。次に狭心症などに対する心臓カテーテル治療のための入院、不整脈に対するアブレーション治療、ペースメーカー移植も多く行っており、心臓リハビリテーションにも力を入れています。また下肢血管病・創傷ケアセンターを有しており、形成外科、腎臓科、内分泌代謝科などと治療方針を検討し、重症の下肢虚血の患者さんにも多く対応しています。

内分泌代謝科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数(自院)
平均
在院日数(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100070xx99x100他 2型糖尿病 末梢循環不全なし 76 12.59 14.27 1.32 60.54 内分泌代謝1
100071xx99x100他 2型糖尿病 末梢循環不全あり 29 14.83 14.63 3.45 69.07 内分泌代謝1
100040xxxxx00x 糖尿病性ケトアシドーシス - - 13.57 - -
100060xx99x100 1型糖尿病末梢循環不全なし - - 13.34 - - 内分泌代謝1
100210xxxxxxxx 低血糖症 - - 6.72 - -
 2型糖尿病に対する血糖コントロールや合併症精査のための入院が一番多くなっており、約10日から2週間の入院となります。個々にあった治療法を提案し、他科と連携して合併症の検査治療にあたり、個別栄養指導も行っています。その他に1型糖尿病や低血糖、ケトアシドーシスの治療にも対応しています。当院では、腎不全や末梢血管疾患などの合併症がある患者が多くなっており、循環器・腎臓科・眼科と密に連携を図り、合併症の精査治療にあたっています。

腎臓科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数(自院)
平均
在院日数(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110280xx99000x 慢性腎臓病・慢性腎不全 144 8.57 12.23 4.17 58.25 腎臓科1
110280xx02x1xx 慢性腎不全 シャント作成等 62 33.26 36.38 3.23 69.85 腎臓科2
180040xx01x0xx シャント狭窄・閉塞 シャント作成等 29 13.34 12.41 3.45 73.24 腎臓科2
180040xx02x0xx シャント狭窄・閉塞 経皮的シャント拡張術・血栓除去術等 28 2.21 3.35 10.71 77.54 腎臓科3
110280xx99010x 慢性腎炎 経皮的針生検 28 14.21 14.55 7.14 71.54 腎臓科4
 腎臓科では、慢性腎臓病の保存期教育入院や血液透析・腹膜透析の導入及び指導を行っています。また透析アクセス科と連携して、シャント作成やシャントトラブルに対する治療も行っています。原則としてシャント作製やPTA治療は、連携透析施設に安心してアクセスを使用して頂けるよう、この間に脱返血を含めた透析状況を確認し、問題ないことを確認した後に退院としています。
 一番多い症例は、透析を行う患者さんのシャントの閉塞等のトラブルに対する血管内治療ですが、こちらは平成29年度まで短期滞在手術料等基本料3で算定されていたため、表からは除外されています。

小児科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数(自院)
平均
在院日数(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040090xxxxxx0x 急性気管支炎 111 5.95 5.94 3.60 1.41 小児科1
100250xx99100x 成長ホルモン分泌不全低身長症 下垂体前葉負荷試験 73 2.82 3.71 0.00 6.37 小児科2
0400801199x00x 肺炎等(1歳以上15歳未満) 67 5.58 5.70 0.00 3.76 小児科1
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 56 4.66 5.50 1.79 3.16 小児科3
040100xxxxx00x 喘息 54 5.81 6.32 7.41 2.98 小児科4
 急性疾患である小児の肺炎や喘息・腸炎での入院が多く、ほとんどが5~6日で退院となります。平均年齢は2~3歳となりますが、0歳から15歳まで対応しています。その他に肥満症や低身長症に対する負荷試験の検査入院や不明熱の精査なども多く行っており、入院が長期化する場合は院内学級や保育士とも協力して小児医療を提供していきます。

外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数(自院)
平均
在院日数(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060330xx02xxxx 胆のう結石症 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 43 6.37 6.64 0.00 64.58 外科1
060035xx01000x 大腸の悪性腫瘍 悪性腫瘍手術等 40 16.15 15.61 15.00 72.55 外科2
060170xx02xxxx 腹腔のヘルニア 腹壁瘢痕ヘルニア手術等 26 9.27 8.33 7.69 69.19 外科3
060210xx99000x イレウス 手術なし 25 7.32 8.98 4.00 75.76
060210xx9700xx イレウス 手術あり 22 14.68 14.71 31.82 75.95
 胆嚢結石の手術入院、結腸癌の手術入院が多くなっており、いずれも全国平均よりも早期の退院となっています。患者さんの負担が少ない腹腔鏡手術も多く取り入れており、当院では約80%近くの方に行っています。 なお、外科で1番多い症例は、鼠径ヘルニアの手術入院となりますが、こちらはDPCではなく短期滞在手術料等基本料3で算定されるため、表からは除外しています。

整形外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数(自院)
平均
在院日数(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070343xx97x0xx 脊柱管狭窄症 椎弓切除術・椎弓形成術等 148 17.30 17.28 97.97 72.36 整形外科1
070341xx020xxx 頸椎症性脊髄症 椎体固定・椎弓切除術・椎弓形成術等 83 18.04 22.08 95.18 72.78 整形外科2
070230xx01xxxx 変形性膝関節症 人工関節置換術等 65 27.57 25.09 98.46 75.35 整形外科3
070350xx97xxxx 椎間板ヘルニア 椎間板摘出術等 63 16.81 16.53 93.65 62.43 整形外科4
07040xxx01xxxx 変形性股関節症 人工関節置換術等 48 28.46 23.14 97.92 66.63 整形外科5
 整形外科では主に手術を目的とした入院が多く、脊柱管狭窄症が一番多くなっています。腰部だけでなく頸部に対しても多く手術を行っており、椎間板ヘルニアなどに対する内視鏡手術も行っています。また、膝・股関節症に対する人工関節置換術や大腿骨骨折、手の関節の手術にも多く対応しています。高齢化に伴い平均年齢も高くなっていますが、当院では術後1~2日で離床し早期にリハビリを開始し、早期の退院・連携先医療機関への転院を行っています。

泌尿器科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数(自院)
平均
在院日数(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070xx0200xx 膀胱の悪性腫瘍 経尿道的手術 161 9.68 7.31 2.48 75.06 泌尿器科1
110080xx01x0xx 前立腺の悪性腫瘍 前立腺悪性腫瘍手術等 157 15.80 12.92 6.37 70.31 泌尿器科2
110200xx02xxxx 前立腺肥大症 経尿道的前立腺手術 69 9.80 9.73 1.45 72.13 泌尿器科3
110070xx99x20x 膀胱の悪性腫瘍 化学療法 55 13.82 11.31 1.82 70.16
11001xxx01x0xx 腎(尿管)の悪性腫瘍 腎(尿管)悪性腫瘍手術等 32 14.53 12.30 3.13 68.56 泌尿器科4
 前立腺悪性腫瘍・膀胱悪性腫瘍・前立腺肥大症における手術入院が多くなっています。前立腺がんについては、腫瘍マーカーであるPSAが高値の症例にはMRI検査を施行し、がんが疑われる場合には前立腺針生検を行っており、泌尿器科の入院で1番多い症例となっていますが、こちらは平成29年度まで短期滞在手術料等基本料3で算定されるため、表からは除外しています。また早期発見に伴い手術による根治症例も多くなっています。そのほかに、MRIガイド下の針生検も行っておりますが、自由診療となります。

眼科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数(自院)
平均
在院日数(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020320xx97xxxx 眼瞼、涙器、眼窩の疾患 手術あり 11 2.91 3.32 0.00 16.00
020360xx97xxxx 眼内炎 手術あり - - 12.64 - -
020110xx97xxx0 白内障、水晶体の疾患 手術あり - - 2.85 - - 眼科1
020240xx97xxx0 硝子体疾患 手術あり - - 6.63 - - 眼科2
020290xx97xxxx 涙器の疾患(涙道狭窄症等) 手術あり - - 4.91 - -
 入院のほとんどは開業医の先生方から紹介していただいた手術による治療を目的とした患者さんで、高齢化に伴い、糖尿病・高血圧・腎疾患の治療中の方が多く、それぞれの専門科とコンサルトしながら入院管理を行っています。なお、眼科で1番多い症例は、白内障の手術目的の入院となり、昨年は750件近く行っていますが、こちらは平成29年度までは短期滞在手術基本料3で算定されていたため、表からは除外しています。白内障の手術は、片眼ずつの入院となり3~4日で退院となります。

心臓血管外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数(自院)
平均
在院日数(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050080xx01010x 弁膜症 弁置換術・形成術・大動脈瘤切除術等 23 22.09 23.93 26.09 72.65 心臓血管外科1
050050xx0101xx 狭心症 冠動脈バイパス移植術等 22 22.23 23.29 59.09 68.50 心臓血管外科1
050163xx02x1xx 非破裂性大動脈瘤 腹部大動脈瘤切除術 17 19.76 21.40 5.88 72.47
050163xx03x10x 非破裂性大動脈瘤 ステントグラフト内挿術 15 13.87 16.80 6.68 77.67
050080xx9900xx 弁膜症 検査入院 - - 12.91 - -
 弁膜症や狭心症・心筋梗塞に対する手術や大動脈瘤の手術入院が多く、術後10日~14日間の入院となります。また、宮崎・鹿児島などの他県からの紹介入院患者が多いのも特徴です。
 また、平成30年度よりハイブリッド手術室の稼働により、外科手術しか選択肢がなかった疾患に対してカテーテルによる血管内治療が可能となり、手術時間の短縮や出血量の減少など、患者さんの体の負担が少なくなります。

脳神経外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数(自院)
平均
在院日数(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010030xx03x00x 未破裂脳動脈瘤 脳血管内手術 22 9.36 9.95 4.55 67.00
010030xx9910xx 未破裂脳動脈瘤 造影カテーテル検査 16 2.38 3.14 0.00 63.38
010060x2990201 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) - - 16.51 - -
010070xx02x0xx 脳血管障害 経皮的頸動脈ステント留置術 - - 10.05 - -
010050xx02x00x 慢性硬膜下血腫 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術等 - - 11.75 - -
 脳動脈瘤、脳血管障害、硬膜下血腫が多くなっており、主に脳血管内手術にも積極的に取り組んでいます。県下全域の医療機関からの相談と紹介に対応しており、入院患者さんの70%前後が他院から紹介いただいた症例です。

腫瘍内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数(自院)
平均
在院日数(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 化学療法 22 16.14 11.99 0.00 68.27 腫瘍内科1
040040xx9906xx 肺の悪性腫瘍 イレッサ・タルセバ・ジオトリフ - - 18.31 - - 腫瘍内科2
060035xx99x60x 結腸の悪性腫瘍 アバスチン - - 4.47 - -
040040xx9905xx 肺の悪性腫瘍 カルボプラチン+パクリタキセル - - 18.99 - - 腫瘍内科3
040040xx9908xx 肺の悪性腫瘍 アリムタ - - 11.75 - - 腫瘍内科4
 腫瘍内科では、肺がん・大腸がん・胃がん・膵がんに対する、抗がん剤治療や副作用に対する管理を行っています。また、緩和内科、緩和ケア認定看護師も配置しており、がんによる身体的・精神的苦痛を和らげながら治療が受けられるようにしています。

乳腺・内分泌外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数(自院)
平均
在院日数(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
090010xx03x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わない) 14 5.79 6.37 7.14 73.21 乳腺・内分泌外科1
100020xx01x0xx 甲状腺の悪性腫瘍 甲状腺悪性腫瘍手術等 - - 9.20 - - 乳腺・内分泌外科2
090010xx01x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴うもの)等 - - 11.45 - - 乳腺・内分泌外科1
090010xx02x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳房切除術 - - 10.15 - - 乳腺・内分泌外科3
100220xx03xxxx 副甲状腺機能亢進症・副甲状腺腫瘍 副甲状腺摘出術等 - - 8.63 - -
 乳腺内分泌外科は、平成29年1月より新設され、入院では主に乳がんや甲状腺腫瘍に対する手術を行っています。乳癌の入院期間は乳房部分切除が4~7日、乳房全摘・郭清が7~10日程度の入院です。

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数

初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 39 - - 21 15 - 1 7
大腸癌 19 29 24 25 - - 2 7
乳癌 12 - - - - - 1 7
肺癌 98 36 64 154 - 151 1 7
肝癌 - - - - - 11 2 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
5大癌と呼ばれる胃がん、大腸がん、乳がん、肺がん、肝がんの患者さんの人数を初発のUICC病期分類別、およびがん取扱い規約に基づくステージで集計しています。 集計は入院治療を行った数であり、対象期間中に複数回入院された患者さんは回数分をかけてカウントしています。ステージが不明となっているものは主に検査入院であったり精査中のため未確定となっているものです。
  
 当院症例の特徴としては、悪性腫瘍のうち『肺がん』とその他に『前立腺がん』も多くなっており、手術、化学療法、放射線療法、内分泌療法等の治療に特化しています。当院には、がん治療に特化した腫瘍内科があり、呼吸器科・外科・消化器科の医師と連携して化学療法や抗癌剤治療に伴う副作用のフォローを行っており、また緩和ケア内科や緩和ケア認定看護師と一緒に症状緩和、精神面でのサポートなど総合的に行っています。
 さらに、乳房については平成29年1月より乳腺・内分泌外科を新設したことにより、乳癌の手術が増えています。手術や再建術に加え、化学療法や放射線療法などの集学的治療が同一医療機関内で完結できるのが当院の大きな強みとなっています。

成人市中肺炎の重症度別患者数等

患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 16 9.44 58.75
中等症 94 12.93 75.47
重症 42 13.83 84.43
超重症 20 14.25 77.30
不明 - - -
 市中肺炎とは、普段の生活を送っている中(病院の外)で罹患した肺炎を指します。
・集計での成人とは20歳以上の患者さんを指します。
・重症度は「成人市中肺炎ガイドライン(日本呼吸器学会)」により分類しており、下記の5つの項目に該当する数で重症度を0から5まで分類しています。

1.男性≧70歳、女性≧75歳 
  2.BUN≧21または脱水 
  3.酸素飽和度≦90% 
  4.意識障害(肺炎に由来する) 
  5.sBP≦90mmHG
※1項目1点

  【軽症:0点  中等症:1~2点  重症:3点  超重症:4~5点】

 当院では、軽症から超重症まで幅広い患者さんに対応しています。
入院となるのは主に中等症から重症の患者さんが多くなっています。特に高齢者の場合は、症状が潜在性であったり、欠如していることもあり重症化しやすいため、早めの検査・治療が必要となってきます。
 当院の呼吸器科ではRCU(呼吸集中治療室)を併設しており、集中治療を要する重症呼吸不全に対する挿管人工呼吸管理以外にも非侵襲的人工呼吸やハイフローシステムなどの呼吸管理を行うことが可能な体制を整えています。また呼吸ケアサポートチーム(RST)などを通じ看護師、専任の理学療法士、MEなどの多職種間の連携をはかり、知識、実践を通じて質の高い呼吸器ケアを目指しています。

脳梗塞の患者数等

発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 23 12.52 74.87 43.83
その他 - 12.00 73.80 40.00
 脳梗塞に対する内科的治療は昨年度は30症例近く行っており、そのうち半数近くが地域の医療機関と連携し転院となっています。  なお、当院の脳神経外科では、主に脳および脊髄血管障害を主体とし、脳血管内手術などの外科的治療を中心に行っています。

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

呼吸器科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超えるもの) 109 2.42 7.91 18.35 70.62 呼吸器1
K5131 胸腔鏡下肺切除術(肺嚢胞手術) 50 1.76 2.98 2.00 34.10 呼吸器3
K514-21 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(部分切除) 29 1.83 4.52 3.45 65.86 呼吸器1
K5132 胸腔鏡下肺切除術(その他のもの) 21 2.52 7.05 14.29 59.95 呼吸器1
K513-2 胸腔鏡下良性縦隔腫瘍手術 - - - - - 呼吸器3
 呼吸器外科では、主に肺がんの手術として、より低侵襲な胸腔鏡下手術を積極的に行っており、順調な経過であれば3~6日で退院できます。その他に気胸に対する胸腔鏡下手術も約50症例施行しており、術後2~3日で退院となります。

消化器科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2㎝未満) 157 0.91 1.30 0.64 66.59 消化器科4
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 52 0.69 9.17 1.92 79.04 消化器科1
K6532 内視鏡的胃・十二指腸ポリープ早期悪性腫瘍粘膜下層剥離術 35 0.94 4.43 0.00 71.80 消化器科2
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2㎝以上) 29 0.90 2.00 0.00 65.93 消化器科4
K722 小腸結腸内視鏡的止血術 24 0.38 5.96 0.00 81.29
 最も多いのは大腸ポリープの内視鏡的切除術で、入院2日目に手術・翌日退院となります。次に多いのが、内視鏡を用いた胆石除去等を含むステント留置術や乳頭切開術となっており、感染などの合併症がなければ7~10日で退院となります。
早期の癌に対しては内視鏡を用いた粘膜切除や粘膜下層剥離術など体に負担の少ない治療を行っています。

循環器科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他のもの) 204 3.46 6.45 2.45 71.75 循環器科3
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 100 2.38 10.81 14.00 74.63 循環器科5
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極の場合) 62 3.11 9.63 14.52 78.98 循環器科4
K5951 経皮的カテーテル心筋焼灼術(心房中隔穿刺又は心膜外アプローチを伴うもの) 45 2.89 3.51 2.22 67.04 循環器科6
K5463 経皮的冠動脈形成術(その他のもの) 32 2.91 5.91 0.00 75.47 循環器科3
 最も多いのは、虚血性心疾患に対するカテーテル治療(経皮的冠動脈ステント留置術・経皮的冠動脈形成術)になります。その次に多いのが、閉塞性動脈硬化症に対する血管拡張術・血栓除去術になります。平均術後日数が10日となっていますが、これは下肢潰瘍・感染などの合併症がある場合も含まれており、合併症がない場合は6日になります。その他植え込み型除細動器(ICD)、 心臓再同期療法(CRT、 CRT-D)を含むペースメーカー移植も多く行っています。

内分泌代謝科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
- - - - - - -
 主に、血糖コントロールなどの内科的治療が中心となります。

腎臓科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 239 0.31 1.74 3.35 74.05 腎臓科3
K610-3 内シャント又は外シャント設置術 116 9.16 15.37 4.31 70.73 腎臓科2
K6147 血管移植術、バイパス移植術 - - - - -
K635-3 連続携行式腹膜灌流用カテーテル腹腔内留置術 - - - - -
K607-3 上腕動脈表在化法 - - - - - 腎臓科5
 当院には透析アクセス科があり、腎臓科と連携して院内だけでなく県内の透析施設の先生方からご紹介頂いた透析アクセス全般に対する治療を行っています。最も多いのが透析をするためのシャントの狭窄や閉塞などに対する経皮的シャント拡張術・血栓除去術で2日間の入院になります。次に多いのが、主に透析導入のための内シャント設置術となり、連携透析施設に安心してアクセスを使用していただけるよう脱返血を含めた透析状況を確認し、問題ないことを確認し、約2週間で退院になります。

小児科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
- - - - - - -
 内科的治療を中心としますが、外科や泌尿器科などの他科にて小児患者の虫垂炎手術、膀胱尿管逆流、陰のう水腫等に対する手術も行っています。

外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 鼠径ヘルニア手術 98 1.02 2.10 1.02 71.43 外科4
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 58 1.40 4.48 1.72 63.78 外科1
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術 36 0.97 2.28 0.00 66.67 外科5
K719-3 結腸切除術 全切除、亜切除又は悪性腫瘍手術 35 3.46 12.20 22.86 71.86 外科2
K740-22 腹腔鏡下直腸切除・切断術 低位前方切除術 17 2.88 19.76 11.76 66.00 外科6
 最も多いのは鼠径ヘルニアの手術で、術後2日で退院となります。次に多いのは、胆嚢結石に対する胆のう摘出術、がんなどに対する結腸切除術などがあり、患者の負担を少なくするために腹腔鏡手術も多く取り入れ約80%の患者に施行しています。また、直腸がん手術においては可能な限り肛門を残る手術や性機能・排尿機能を温存する手術も積極的に行っています。

整形外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K1425 椎弓切除術 185 2.32 14.93 97.30 72.09 整形外科1
K0821 人工関節置換術 肩、股、膝 117 3.96 23.05 98.29 71.91 整形外科3
整形外科5
K1426 椎弓形成術 94 2.88 14.28 95.74 71.16 整形外科2
K1342 椎間板摘出術 後方摘出術 40 2.10 12.45 92.50 62.68 整形外科4
K068-2 関節鏡下半月板切除術 38 1.05 8.37 21.05 62.32 整形外科6
 入院患者さんの約90%が開業医からの紹介でクリティカルパスを用いることで入院期間は平均16日と短く、早期リハビリを経て早期の転院を目指しています。最も多いのは脊椎手術で金属を使用しない低侵襲な手術を心掛けています。また、股・膝関節以外に肩などの関節鏡にも取り組んでいます。その他に、大腿骨骨折や手の外科手術も多くなっています。

泌尿器科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036ロ 経尿道的膀胱悪性腫瘍手術 169 1.78 7.08 2.37 75.02 泌尿器科1
K843 前立腺悪性腫瘍手術 158 1.26 13.77 6.33 70.27 泌尿器科2
K8412 経尿道的前立腺手術 68 1.66 7.15 1.47 72.32 泌尿器科3
K773-2 腹腔鏡下腎(尿管)悪性腫瘍手術 29 2.69 10.52 3.45 68.66 泌尿器科4
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 26 2.35 4.50 7.69 76.23
 泌尿器科では、膀胱がんに対する経尿道的手術が多く、昨年は169件施行しています。前立腺がんや前立腺肥大症に対する経尿道的手術も多く、特に根治的前立腺全摘除術を多く施行しております。そのほか、腎・尿管悪性腫瘍手術は腹腔鏡下手術を中心に行っております。また小児泌尿器科に対する膀胱尿管逆流手術、精巣固定術、腎盂形成術なども多数行っています。

眼科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術 眼内レンズを挿入する場合 668 0.90 1.90 0.30 77.04 眼科1
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術 網膜付着組織を含む - - - - - 眼科2
K2171 眼瞼内反症手術 - - - - -
K2802 硝子体茎顕微鏡下離断術 その他のもの - - - - - 眼科2
K2822 水晶体再建術 眼内レンズを挿入しない場合 - - - - - 眼科1
 入院では開業医の先生方から紹介していただいた手術による治療を目的とした患者さんが多く、ほとんどが白内障の手術で、片眼で3~4日間入院し、両眼の場合は2週間後に再入院としています。そのほか網膜硝子体疾患に対する手術、外眼疾患(翼状片、散粒腫、眼瞼下垂等)の手術も行っています。

心臓血管外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5522 冠動脈、大動脈バイパス移植術 2吻合以上のもの 28 6.82 15.57 53.57 67.32 心臓血管外科1
K5551 弁置換術 1弁のもの 18 3.78 16.61 27.78 75.11 心臓血管外科1
K5606 大動脈瘤切除術 腹部大動脈 17 3.82 17.59 11.76 71.29
K5612 ステントグラフト内挿術 腹部大動脈 13 4.69 7.54 7.69 78.54
K552-22 冠動脈、大動脈バイパス移植術(人工心肺を使用しないもの) - - - - - 心臓血管外科1
 最も多いのは、冠動脈バイパス手術で術後10日から2週間ほどで退院となります。次に多いのが弁膜症に対する弁置換術や胸部大動脈瘤・腹部大動脈瘤の切除術になり、いずれも術後10日から14日程度の入院になります。
 平成30年度4月からハイブリッド手術室の稼働により、開胸せずにカテーテル治療で人工弁置換を行う経カテーテル的大動脈弁置換術(TAVI/TAVR)など、高度先進医療をより低侵襲で行う治療が可能となりました。

脳神経外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K1781 脳血管内手術 1箇所 17 1.24 10.35 23.53 65.88
K1782 脳血管内手術 2箇所以上 - - - - -
K1783 脳血管内手術 脳血管内ステントを用いるもの - - - - -
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 - - - - -
K609-2 動脈血栓内膜摘出術 - - - - -
 最も多いのは脳動脈瘤や動静脈器系・動静脈瘻に対する脳血管内手術で平成29年は30症例以上行っており増加傾向です。約70%が他院からの紹介による入院で、当院ではCCU(集中治療室)も併設しているため周術期全身管理を円滑に行うことができます。

腫瘍内科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
- - - - - - -
 主にがんに対する抗がん剤治療や副作用管理・ターミナル期などの内科的治療になります。

乳腺・内分泌外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K4762 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わない) 15 1.13 3.87 6.67 73.73 乳腺・内分泌外科1
K4763 乳腺悪性腫瘍手術 乳房切除術(腋窩部郭清を伴わない) - - - - - 乳腺・内分泌外科3
K4765 乳腺悪性腫瘍手術 乳房切除術(腋窩部郭清を伴う) - - - - - 乳腺・内分泌外科3
K4631 甲状腺悪性腫瘍手術 切除 - - - - - 乳腺・内分泌外科2
K4632 甲状腺悪性腫瘍手術 全摘及び亜全摘 - - - - - 乳腺・内分泌外科2
 乳腺内分泌外科は平成29年1月に新設され、入院では主に乳房の部分切除・全摘や甲状腺の部分切除・全摘を行っています。乳房の手術の場合、部分切除が約4~7日間、全摘・郭清が7~10日間程度の入院となります。甲状腺の手術の場合、甲状腺全摘、亜全摘、半葉切除などがあり、周囲のリンパ節も状況に応じた範囲を切除(郭清)します。

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる 13 0.15
180010 敗血症 同一 11 0.12
異なる 16 0.18
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 303 3.40
異なる - -
 播種性血管内凝固症候群(DIC)とは、種々の基礎疾患により血液凝固能が亢進し、全身の細小血管に血栓が多発し、臓器の虚血性機能障害をきたすとともに、血小板や凝固因子が消費されて減少し、出血傾向をきたす病気です。
 敗血症は、細菌などの感染症が原因で炎症が全身に広がり、多臓器不全などを起こす病気です。

 DICや敗血症は、主に悪性腫瘍や胆嚢炎や肺炎などの原因となる疾患から至ったものであり、その基礎疾患に基づく治療も行うため、最も医療資源を投入した病名となることは多くはありません。
 『手術・処置等の合併症』に分類される傷病名のうちほとんどの症例は、透析のシャント狭窄・閉塞に対するシャント拡張術・形成術目的の入院であり、約2日間で退院となります。  その他に、腹膜透析関連の腹膜炎、人工股関節のゆるみによる入院、術後の感染症が含まれています。

更新履歴

2018/09/25  DPCデータに基づく『病院情報の公表』について公開しました。
2018/11/14  患者用パスを追加しました

診療受付時間

診療受付時間(平日/午前中)

8:00〜11:00

外来休診日

土・日・祝日
年末年始(12月29日〜1月3日)

※救急・紹介の場合はこの限りではありません。

  • 外来担当医師表
  • 診療科のご案内
  • 交通アクセス

面会時間

平日

13:00〜20:00

休日

10:00〜20:00

看護部のご案内

地域医療連携室

認定施設

日本医療機能評価機構認定病院

熊本中央病院病院視標

  • 数字で見る熊本中央病院
  • 専門医等の指定状況
  • 国家公務員共済組合連合会
  • シミュレーション・ラボセンター

熊本中央病院ホーム病院のご案内一般利用者の皆さまへ診療科のご案内医療関係者の皆さまへ