診療科のご案内

泌尿器科

  • 基本情報
  • スタッフ情報
  • 診療科の実績
  • MRIガイド下前立腺生検

MRIガイド下前立腺生検とは?

現状では、前立腺がんの診断はMRIが最も診断能が高いと言われています。一方、前立腺がんが疑われた患者さんは、超音波を見ながら組織を採る検査(生検)を行います。この場合、超音波検査ではわかりづらい前立腺がん疑い部位は前立腺がんであっても生検で当たらない可能性があります。そのような患者さんに対して、最も前立腺がんが明瞭に見えるMRI装置そのものを使って生検を行う方法です。

図1、2のようにMRIガイド下で直接狙って生検を行います。図3は実際に針が刺さっている様子で、前立腺がんの診断ができました。図4は前立腺手術を行って前立腺がんが証明されました。

  • 図1

  • 図2

  • 図3

  • 図4

この手技はMRIそのもので直接前立腺がんが疑われる部位を狙って生検を行うので、この手技以上の精度の生検はないほどです。このシステムを導入後、前立腺がんが疑われて繰り返し超音波下生検陰性の患者さんの多くの前立腺がんを検出することに成功しており、前立腺がん早期治療開始に役立てています。

対象となる方

採血結果(PSA値)やMRI検査などで強く前立腺がんが疑われている患者さんでかつ、一般的な前立腺生検でがんを検出できない患者さんが対象です。

患者さんのメリット

PSA高値が続くもしくは徐々に高くなる状況でかつMRIでも前立腺がんが疑われる患者さんは精神衛生上も良くないですね。この場合には、本来は

  1. 前立腺がんが本当は存在する
  2. 本当は前立腺がんではない

この2通りが考えられます。

いずれの結果であっても診断がはっきりするというメリットが最大のものです。
MRIで前立腺がんが疑われている部分を直接MRIで観察しながら生検しますので、最も正確性が高いです。

第2に、前立腺がんと言っても複数部位に存在することがありますので、MRIガイド下であれば最も悪性度が高い部分を狙うことができる点もメリットです。前立腺がんの治療方針決定に正しい方向性を与えることができます。

第3には、生検時に針を刺す本数が少ない点もあります。通常であれば一般的には10-12本程度ですが、MRIガイド下生検では2-3本であることが多い(多病変の場合はこの限りでない)点もメリットです。

Q&A

MRIガイド下前立腺生検を受けるにはどうしたら良いですか?

可能であれば、かかりつけの泌尿器科の先生から当院の泌尿器科宛に紹介をして頂ければ、スムーズです。

MRIガイド下前立腺生検が受けられない症例はありますか?

基本的にMRIを受けることができる患者さんはOKです。ただ、1時間程度うつぶせを保てることが前提です。

治療費はどれくらいかかりますか?

保険診療外検査のため、自由診療扱いで1泊入院を含めて10万円(消費税別)の費用がかかります。
自由診療ですので、今後他の病院で始めた場合にかかる費用が異なる可能性があります。

熊本中央病院ホーム病院のご案内一般利用者の皆さまへ診療科のご案内医療関係者の皆さまへ