診療科のご案内

整形外科

  • 基本情報
  • スタッフ紹介
  • 診療科の実績

■平成29年1月より整形外科の新規受診時には紹介状が必要です

当院整形外科では、手術的(外科的)に治療することが必要な方を診療させていただいております。

このため、平成29年1月より整形外科の新規受診時には必ず紹介状が必要になりますので、かかりつけ医の紹介状をお持ちになって当院整形外科を受診していただくようお願いいたします。

外来担当医師表

①脊椎 - 福田 和昭 水溜 正也 井上 哲二 水溜 正也
②関節 - 阿部 靖之 - 阿部 靖之 -
③脊椎・関節 井上 哲二
畠 邦晃
- 福田 和昭 - 畠 邦晃
④関節・手の外科 - 田上 学 - - 田上 学

診療科のご紹介

当院整形外科では、腰や首が原因の痛みやしびれ、関節の痛みや変形(膝関節、股関節)、肘や手首の神経障害などを手術的(外科的)に治療することが必要な方を診療させていただいております。

手術実績としましては、腰や首などの脊椎手術、人工膝関節手術、人工股関節手術、手の外科手術が多くなっております。昨年の年間手術件数は約850例でした。

手術に際しましては、できるだけお体の負担を軽くするように工夫しております。手術後、翌日か翌々日には歩行練習を開始しており、早期の回復と早期の退院(もしくはお近くの病院への転院)を目指しています。

腕や手、腰から足の痛みやしびれ、背中や腰の骨折による痛み、関節の痛み、変形などでお困りの方は、まずかかりつけの医師やお近くの医師にご相談ください。薬やリハビリによる治療では解決できない場合で、手術治療のご希望がありましたら、お近くの医師の紹介状をお持ちになって当科を受診していただくようお願いいたします。

なお、当科での入院治療につきましては、誠に勝手ながら手術治療が必要な方に限らせていただいておりますことを悪しからずご了承ください。

医療関係者からのご連絡・ご相談はこちら

脊椎外科の最近の取り組み

  1. 低侵襲な脊椎固定術
    PPS(経皮的椎弓根スクリュー)やCBTスクリューといった、脊柱筋肉への侵襲が少ない手技が行えるようになっています。
  2. 内視鏡下手術
    MED(内視鏡下の椎間板ヘルニア摘出術)やMEL(腰部脊柱管狭窄症に対する内視鏡下の椎弓切除術)に使用しています。
  3. 圧迫骨折に対する経皮的手術
    脊椎圧迫骨折は保存療法が主ですが、治療抵抗例には手術を行っています。適応を限定してBKP(経皮的椎体後弯矯正術)も施行しています。

主な対象疾患

脊椎

金属を使用しない低侵襲手術を心がけており、輸血をする事はほとんどありません。また、頚椎手術は約100例と全国的に見ても多い症例数です。椎間板ヘルニアは、適応を限定して内視鏡的摘出を行っています。高齢化に伴い脊柱管狭窄症が増え、平均72歳(最高95歳)と高齢者でも安全に手術が行えます。内視鏡下の椎弓切除術も行っています。約5%の方には上位頚椎など金属を使用した高度な手術も行っています。

関節

人工関節は年間130例程度です。高度の変形症例が多くなっておりますため、CTからパソコン上で3次元骨モデルを作成し、正確な術前計画を行っております。肩など膝以外の関節鏡手術にも取り組んでいます。

骨折

大腿骨頚部・転子部骨折治療では低侵襲手術を心がけています。開業医の先生方から各種骨折の紹介を多くいただいています。合併症としての静脈血栓塞栓症( VTE )においては、最先端のチェックと予防措置を行っています。

手の外科

末梢神経障害、特に透析手根管症候群を多く扱っています。また、手の外科手術にも取り組んでいます。

病院別インデックス

診療科からのお知らせ

勉強会のご案内

熊本脊椎外科研究会

開催日時場所内容
隔月第4木曜日 19:00~21:00 本館3階 講堂 テーマ発表と症例検討

熊本肩関節研究会

開催日時場所内容
毎月第2木曜日 19:30~21:30 本館3階 講堂 テーマ発表と症例検討

熊本中央病院ホーム病院のご案内一般利用者の皆さまへ診療科のご案内医療関係者の皆さまへ