診療科のご案内

下肢血管病・創傷ケアセンター

診療科のご紹介

当院ではこれまでも下肢血管病の患者さんに、状態に応じて科の垣根をこえて複数の診療科で総合的治療(循環器科、心臓血管外科、形成外科、内分泌代謝科、腎臓科)ならびに専門の看護師やリハビリ指導士、栄養科での患者さんの管理を行ってきました。

昨今、患者さんの高齢化や疾患の多様性、複雑性によって一人一人の患者さんに対してオーダーメイドの治療を考慮してゆく機会が増えてきており、上記のように科横断的な診療がより重要となってきています。具体的には透析や糖尿病をもった血管病の患者さんや、全身病態が不良(栄養不足やADL低下)な患者さんも少なくなく、認知症があって思うような治療ができない場合も見受けられます。また本来は肢を救うための治療を行わなくてはならないのですが、疾患や全身状態によっては生命の危険性を回避すべくあえて肢切断に踏み切らなくてはならない場合もあります。

従って、今まで以上に総合的な診療が求められるようになりますので、今回新たに下肢血管病・創傷ケアセンターを立ち上げ、患者さんの治療やリハビリ、看護や栄養管理の質を強化する方針としました。

フットケアの概念のもと、今後今まで以上に患者さんの状態改善に寄与できるよう治療並びに管理を頑張っていく所存ですので、先生方のお困りの患者さんがいらっしゃいましたらどうぞご紹介をお願いします。

また数ヶ月毎ですが、勉強会を予定しており、症例の検討や啓発活動なども考えてゆきたいと存じますのでご指導ご支援のほどよろしくお願いします。

重症下肢虚血:創あり:の患者さんEVT

熊本中央病院ホーム病院のご案内一般利用者の皆さまへ診療科のご案内医療関係者の皆さまへ