診療科のご案内

栄養科

栄養科の特徴

栄養科では、入院中の患者さんの病状に合わせ、安全で美味しい病院食の提供に努めています。メニューの立案、食材の仕入れから、患者さんのもとに食事が届くまでの一連の作業を、スタッフ一丸となって取り組んでおります。

治療食だけでなく、食物アレルギー、食欲低下時や嚥下障害などにも対応できるよう様々な食種、形態を用意しております。

また、急性期医療から在宅に至るまでの「食の自立」を目標としており、生活習慣病(糖尿病、心臓病、慢性腎臓病など)の更なる重症化予防や、食欲低下、低栄養、嚥下障害などの食環境に関わる問題についてサポートできるよう情報提供を行い、地域医療にも積極的に取り組んでいます。

他職種との関わりにおいては、NST(栄養・サポート・チーム)、褥瘡対策チーム、緩和ケアチーム、透析予防外来チームなどの一員として活動しています。各診療科のカンファレンスにも積極的に参加し、主治医の治療方針に沿いながら、患者さんお一人おひとりに合わせた栄養管理を担っています。

熊本中央病院ホーム病院のご案内一般利用者の皆さまへ診療科のご案内医療関係者の皆さまへ