診療科のご案内

感染対策室

感染対策室の特徴

熊本中央病院の診療方針である、「患者さんを中心とした効果的で効率的な医療サービスを提供する」ためにも、患者さんや家族、医療従事者を医療に関連した感染から守ることは重要となります。当院では、医療安全管理部の下部組織として感染対策室を設置し、院内感染対策防止策に努めております。構成メンバーは、感染制御医師(ICD)3名(専任医師1名を含む)、感染管理認定看護師2名(専従と専任)、専任薬剤師1名、専任臨床検査技師1名、事務員1名であり、感染防止対策の指針を遂行するため、他部門と連携をとり組織横断的に活動しています。

また、メンバーのほとんどが感染対策チーム(ICT)を兼務しており、毎週1回の院内ラウンドにより各部署の感染防止対策の実施状況の把握と指導を行っています。さらに感染対策の地域連携活動として、近隣の協力医療機関と定期的なカンファレンスを行っています。

感染対策室の業務内容

  1. 院内感染対策マニュアル作成および改訂
  2. 院内感染発生状況のサーベイランス
  3. アウトブレイクの対応
  4. 職業感染防止対策(結核、血液曝露、ワクチン接種)の立案、実行
  5. 職員への院内感染対策教育
  6. 抗菌薬の適正使用の推進
  7. 感染症治療、院内感染防止対策に関するコンサルテーション

熊本中央病院ホーム病院のご案内一般利用者の皆さまへ診療科のご案内医療関係者の皆さまへ