診療科のご案内

総合血管外来

総合血管外来

部長 西田 健朗

内分泌代謝科部長 西田 健朗

動脈硬化症は、進行すると脳卒中、心筋梗塞、心不全、腎不全、下肢壊疽を引き起こす病気です。動脈硬化症、ことに心筋梗塞を中心とした心血管系疾患と、脳梗塞・脳卒中を中心とした脳血管障害による死亡は、日本人の死因統計上がんと並んで大きな位置を占め、死因の約30%に及んでおり、動脈硬化症の予防要な課題となっています。しかし、進行するまで自覚症状を認めないため、危険因子を複数有する高リスク患者さんにおいても、放置されているケースを多々認めます。

動脈硬化症の危険因子となる疾患としては、糖尿病、高血圧症、脂質異常症などに加え、慢性腎臓病、高尿酸血症なども挙げられています。したがって、動脈硬化症を予防するためには、危険因子を有する患者さんの動脈硬化の有無と程度を評価し、危険因子の管理・治療が重要です。そのためには、動脈硬化の進展度を評価し診断する必要があります。動脈硬化症は早期発見、早期治療が重要であり、動脈硬化症の診断、危険因子への介入が重要と考えられます。

当院では、内分泌代謝科、循環器科、腎臓科、脳神経外科、形成外科を中心に診療科の枠を超え、動脈硬化症危険因子を有する患者さんに対して、動脈硬化症の検査を行い診断(必要時には治療)、危険因子の管理のための教育(必要時には治療)を行う、総合血管外来を開設することといたしました。

当院では、総合血管外来の検査、治療、患者教育を通じて動脈硬化症の発症予防を目指し、ひいては予後やQOLの改善にお役立ていただけるものと考えております。

対象となりそうな患者さんがいらっしゃいましたら、いつでも当院内科外来へご連絡下さい。お待ちしております。

総合血管外来のご案内

野田 勝生 - 野村 和史 - 大嶋 秀一
外来日

月・水・金(午後) 受付13:00~13:30

予約方法

総合血管外来は予約制となっております。
外来予約センターへお電話下さい。
お問い合わせなどありましたら担当責任者(大嶋・野田)
までご連絡下さい。

外来日

096-370-3111(代) 内線2103(外来予約センター)

熊本中央病院ホーム病院のご案内一般利用者の皆さまへ診療科のご案内医療関係者の皆さまへ