一般利用者の皆さまへ

Vol.7 野菜を食べましょう!

皆さんは野菜をしっかり食べています?

野菜にはどのような効果があるでしょか?


野菜は満腹感があり低カロリーです。さらに食物繊維を含むため、コレステロールや血糖値の低下にも繋がります。食物繊維は、便の量を増やし便秘がちの方にも効果があります。
 また、野菜を増やすと全体の食事量を減らしても腹持ちが良くなります。おかずと野菜のカロリーの比較を見てみましょう。

から揚げ1個、ウィンナー2本と野菜350gが同じカロリーです。お腹いっぱいとカロリーは同じではないので、低カロリーの野菜料理をたくさん増やして体重管理をしていきましょう。


では、1日に必要な野菜を食べているか、確認してみましょう。

サラダをよく食べているという方は、十分食べているつもりでも必要な量を満たしていない場合は多いです。茹でたり煮たりすると野菜はかさが減るので、量をたくさん食べることができます。


目安量は、生野菜であればこぶし2個分、加熱した野菜であればこぶし1個分を、1回の食事で食べましょう。これを朝、昼、夕と3食食べていたら野菜を十分摂れているということになります。


野菜を摂ることは高価な健康食品などにも比較にならないほど身体に良い食品です。糖尿病を始めとする生活習慣病をお持ちの方や、現在健康な方でも肥満や病気の予防に大きな効果をもたらします。料理が苦手な方でも簡単な料理からチャレンジしてみましょう。

熊本中央病院ホーム病院のご案内一般利用者の皆さまへ診療科のご案内医療関係者の皆さまへ